【Point anytime】危険性を検証した結果。あの悪質サイトに似ていた件

シェアする

どうも「いかつ」です。

今回はポイントサイト「Point anytime(ポイントエニタイム)」の危険性と安全性について検証した結果、あの悪質ポイントサイトが絡んでいるような気がしたのでご紹介します。

Point anytime(ポイントエニタイム)は2019年2月25日にオープンしたポイントサイトですが、インスタやツイッターなどのSNSでは「評判が悪い」ことがわかります。

  • サポートの対応が悪い
  • 会社が怪しい
  • 詐欺サイトかも
  • 還元率が低すぎる

などなどポイ活をしている人はPoint anytime(ポイントエニタイム)は全くおすすめしないポイントサイトにあげているようですね。

それが気になりPoint anytime(ポイントエニタイム)をいろいろ探っていたところ…あの悪質ポイントサイトが絡んでいる?気がしたのでご紹介します。

Point anytimeの危険性

Point anytime(ポイントエニタイム)の安全性と危険性について調べていたところ、閉鎖した悪質ポイントサイト「キラキラウォーカー」や「マネキン」と似ていることがわかった。

ちなみにキラキラウォーカーの運営者は詐欺罪で逮捕されています。

どうも「ぽいかつ」です。 今回はポイントサイト「キラキラウォーカー」を運営していた株式会社ヴィヴィトの山田俊太郎容疑者が詐欺の疑いで逮捕された事...
  • キラキラウォーカー
  • マネキン
  • ポイントモール
  • ポイントGO
  • Weboow
  • ポイントゲット
  • おこナウ
  • タメル

閉鎖した悪質ポイントサイトですが、実際のところキラキラウォーカーかマネキンが会社名を変えて運営していた可能性がありました。

さて、Point anytime(ポイントエニタイム)ですが・・・似ているんですよね~。どこが似ているのか詳細についてご紹介します。

1)URLの後にindex.htmlが付く

Point anytime(ポイントエニタイム)にアクセスするとわかりますが、URL(ドメイン)の後に「index.html」が入っていることがわかります。

私が検証のために登録した悪質ポイントサイトで共通するのがURLの後にindex.htmlが必ずといっていいほど付いていました。もちろんキラキラウォーカーもマネキンもです。

  • kira2-w.com/index.html
  • maneking.jp/index.html

また、各ページのURLで「mypage_blank数字.html」が使われていることも同じです。

2)登録項目がやたら少ない

Point anytime(ポイントエニタイム)の登録項目が少ないんですよね。

こんな簡素な入力項目のポイントサイトは滅多にありません。

キラキラウォーカーやマネキンも凄い簡素だっと記憶しています。

3)スマホにしか対応していない

Point anytime(ポイントエニタイム)は「スマホからでしか登録できません。」現時点でパソコンからポイ活することは不可能となっています。

閉鎖した悪質ポイントサイトも同様にスマホにしか対応していないんですよね~。

4)サーバーがAmazon EC2

Point anytime(ポイントエニタイム)はAmazon EC2を利用しています。Amazonの提供するクラウドサービス上に構築できる仮想サーバーです。

キラキラウォーカー系列も全てAmazon EC2を利用していました。ちなみに閉鎖したマネキンの姉妹サイトで現在も稼働している「POM」もやはりAmazon EC2です。

4)直接ポイント交換できない

Point anytime(ポイントエニタイム)はドットマネーにポイントを交換(移行)してから現金や電子マネー、ギフト券する形になっています。

これはキラキラウォーカー系列でもそうでしたがドットマネー、ポイントオン、PeXなどのポイント交換サイトに一旦移行しないと換金できない仕様でした。

5)問い合わせのメールが直接立ち上がる

Point anytime(ポイントエニタイム)のお問い合わせボタンを押すと、直接メールソフトが立ち上がり問い合わせ内容の記入するようになっています。

一般的なポイントサイトの場合、サイト内で問い合わせ内容を入力しサイト内で送信する形ですが、Point anytime(ポイントエニタイム)もキラキラウォーカー系列も直接メールソフトが立ち上がる仕様になっています。

6)その他の気になる点

運営会社情報が画像になっていること。(検索されないように対策?)

サイト名を検索しても「出ない」「出にくい」仕様になっている。普通ならいろんな人に利用してもらいたいはずですが、Point anytimeの順位はこの結果。

運営会社の事業内容が不明。WEB事業・アプリ事業・リスティング事業をやっているようですが、Point anytime(ポイントエニタイム)以外でどんなサービスをやっているのか不明。

WEB事業やリスティング事業をやっているならPoint anytime(ポイントエニタイム)自体も上位表示されていないとおかしいような・・・

またPoint anytimeはフリー素材を使っている点も気になりますよね(笑)

別に利用しても問題はないとは思う

Point anytime(ポイントエニタイム)がキラキラウォーカーやマネキンと似ていると言いましたが、別に悪質ポイントサイトと言っているわけではありません。

なので、ポイ活に利用する分には問題はありませんが・・・還元率が低すぎるため個人的には全くおすすめはしません。

まとめ

Point anytime(ポイントエニタイム)の裏に閉鎖したキラキラウォーカー系列が・・・なんてことはないと思いますが、同じシステムを使っているのは間違いないかな~と。

ポイント通帳やメルマガの停止方法、退会手順などもそっくり~・・・

それではまた!


登録必須ポイントサイトBEST3 画像はちょびリッチの換金実績です。


ポイントインカムは使いやすく、ちょびリッチは稼ぎやすく、ポイントタウンはコンテンツが充実しています。この3つだけに登録しておけば間違いなしです。

ぽいかつ

シェアする